ブログカスタマイズ承ります。詳細はこちら▶▶

コーポレートサイトにおすすめのWordPressテーマ【100%GPL・無料・有料】

ブログ・メディアの構築にもお手軽便利なWordPressですが、一般的なビジネスサイト・コーポレートサイトの制作にもWordPressは向いています。この記事は実際に使用された例・サンプルサイトと共に、コーポレートサイト制作にうってつけのWordPressテーマをご紹介していきます。
(基本的には私がカスタマイズで実際に使用・動作を確認し、安心して利用できたテーマをご紹介させていただきます。)

WordPressで構築されたサイト例

大阪大学理学研究科・理学部

f:id:minimalgreen:20171218233033j:plain
大阪大学 大学院理学研究科・理学部
大阪大学大阪大学理学研究科・理学部のサイトはWordPressで構築されています。(過去に改ざんなどの被害もあったようですが、WordPressの脆弱性をついたものかは不明。今は適切な対策が取られているようです。)
Q&A一覧 – 大阪大学 大学院理学研究科・理学部
阪大理学部のQ&Aははてなブックマークで話題になるなど、真面目さとユーモア溢れる回答が面白いです。

星野リゾート

f:id:minimalgreen:20171218234142j:plain
星野リゾート公式サイト

高級旅館・リゾートの「星野リゾート」の公式サイトもWordPressで構築されています。
和モダンでスタイリッシュなサイトデザインが見やすく、宿のイメージとも合っていますね。(星のや東京など個別の宿のサイトはWordPressじゃないようです。)

100%GPLとは

f:id:minimalgreen:20171219022732j:plain
この記事では基本的に100%GPLで商用利用可、クライアントワークにも安心して使えるテーマを紹介していきます。
100%GPLとはWordPressテーマファイルのうちPHPだけでなくCSS/JSもGPL(自由に利用・再配布可能なライセンス)で提供されていることを意味します。

100%GPLとは
PHP コード、JavaScript、CSS、画像などすべてに GPL または GPL 互換なライセンスを採用すること。
100% GPL について | WordCamp Tokyo 2014

よく有料のテーマで「1サイト1ライセンス」など使用回数に制限があったり、再配布の禁止が利用規約にある場合がありますが、あれは100%GPLではなくスプリット・ライセンス(PHPはGPL、CSS・画像・JSはGPLではないライセンス)のテーマです。それはそれで商売としてありなのですが、WordPressの自由の理念に基づいた100%GPLのテーマをここでは紹介していきます。

よくある誤解として100%GPLだと有償販売できないというものがありますが、そんなことはありません。100%GPLでも有償で販売されているWordPressテーマはあります。(リキッドデザイン
さんのテーマやモンキーレンチさんのSnow Monkeyなど)
但し、GPL100%のテーマはそれを改変または改変無しでコピーし有償・無償で再配布すること(著作権表示は保持)を止めることは出来ません。(つまり転売を止めることは出来ない)もちろんその再配布されたテーマもGPLに従うので再々配布は可能なのですが。
f:id:minimalgreen:20171219065440j:plain
WordPressとGPLについては↓のリンクも参照
有料で販売されているテーマとプラグインの「1サイトでのみ使えます」表記の話から、開発者&ユーザコミュニティがあるWordPressでビジネスするってどうすればいいのかな、ということを考えた話のメモ – Shinichi Nishikawa’s
Licenses – GNU Project – Free Software Foundation
WordPressとGPLライセンスについて | Hatsuka

コーポレートサイト向きの無料WordPressテーマ

BizVektor


【無料】BizVektor [ ビズベクトル ] 企業サイト向けスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ(テンプレート)

特徴

  • 100%GPL
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • 豊富な機能(ウィジェット・カスタマイザー)
  • レスポンシブデザイン

WordPressでビジネスサイトと言ったらこれという感じもある「BizVektor」。100%GPLで安心して商用利用も出来ます。無料版でも 「Rebuild」「Default」「Calmly」「プレーン」という4種類のデザインスキンを選ぶことで簡単にデザインを変更できます。
難点として、デザインがやや古いこと、管理画面の機能が多過ぎて慣れるのに時間がかかることがあります。
カスタマイズ例
サンプルサイト4
サンプルサイト4

Lightning


無料で使える超高機能WordPressテーマ「Lightning 」

特徴

  • 100%GPL
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • 公式登録テーマ
  • Bootstrap 3対応
  • レスポンシブデザイン

BizVektorと同じ株式会社Vectorが制作している無料WordPressテーマ。こちらも100%GPLで商用利用OK。厳しいチェックを通過してWordPress公式ディレクトリに登録されている公式テーマなので管理画面から簡単にインストールできます。Bootstrap 3をベースに作られており、グリッドシステムでカスタマイズしやすいのも嬉しいですね。BizVektorと比べるとスタイリッシュなデザインでビジネスサイトだけでなくブログにも使えそうです。

Habakiri


Habakiri – BootstrapベースのWordPress公式ディレクトリ掲載テーマ

特徴

  • 100%GPL
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • 公式登録テーマ
  • Bootstrap 3ベース
  • カスタマイザーで簡単にデザイン変更

HabakiriはWordPress公式ディレクトリ登録テーマで安心して使える無料の日本語WordPressテーマです。豊富な機能でCSSをいじらなくても簡単に色やレイアウト・デザインを変更できます。スターターテーマとして子テーマでカスタマイズするのが前提のテーマなので、ある程度自力でカスタマイズ出来ないとそのままでの利用は難しいかもしれません。そういった方は有料のスキンやプラグインの導入もおすすめします。
habakiri.2inc.org

テンプレートキング

テンプレートキング

特徴

  • 100%GPL
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • 公式登録テーマ
  • テーマオプション

ファーストサーバ株式会社が運営するテンプレートキングのWordPressのテーマは100%GPLでフッタの著作者表示も不要、商用利用にも使えます。機能はそれほど多くありませんが、トップページのウィジェット、スライダー、色、背景画像の設定も管理画面のカスタマイザーで変更できます。右上の電話番号やお問い合わせの表示もビジネスサイトにはありがたいですね。デザインは自分でテーマファイルをいじって変更しないと少し見映えが物足りないかもしれません。スターターテーマとして活用出来ると思います。
↓にカスタマイズ例のサンプルサイトを作ってみました。背景や色を変えるといい感じに?。
テンプレートキングのカスタマイズ例
サンプルサイト

Sydney

f:id:minimalgreen:20171219224507j:plain
Sydney: #1 Free WordPress Business Theme – aThemes

特徴

  • 100%GPL
  • 公式登録テーマ
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • カスタマイザーレイアウト変更可
  • テーマオプション

Sydneyは海外製のWordPress公式テーマです。海外製のテーマですが管理画面ではほとんど日本語に翻訳されているので作業には問題ないかと思います。豊富なテーマオプションでフロントページをコーディング無しで構築出来ます。
Google フォント、フルカラー設定、レイアウト設定、ロゴアップロード、全画面スライダー、ヘッダー画像、固定ナビゲーションなどデザインを細かく設定できます。必須プラグインをインストールする必要があり、プラグインの機能でフロントページをドラッグ & ドロップで構築していくのがちょっと個人的には合いませんでした。普通にHTMLが書けるならHTMLで書いた方がすっきりするような気がします。直感的にサイトを素早く作るにはとても良いと思います。

OnePress

https://minimal-green.com/web-design/wp-content/uploads/sites/6/2017/12/onepress-ss-e1513862688251.png
Free One Page WordPress Theme 2018 – OnePress

特徴

  • 100%GPL
  • 公式登録テーマ
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • カスタマイザーレイアウト変更可
  • テーマオプション
  • Bootstrap 4ベース
  • パララックスエフェクト、アニメーション

これは高機能でかっこいい今どきのビジネスサイトを作るのにピッタリの海外製公式テーマです。スクロールとともにコンテンツがスライドアップするアニメーションも嫌味なく見やすいです。フロントページはカスタマイズ画面からコーディング無しで構築出来ます。海外製ですが、管理画面はほぼ日本語化されており、子テーマやデモコンテンツのインポーターもあります。有料版ではGooglemapやフロントページのセクションの順番入れ替えスタイリングが出来ます。ヘッダーナビゲーションの透過有り無しやレイアウトなどデザインも細かく設定出来るのが嬉しいです。
サンプルサイトを作ってみました。
サンプルサイト6
サンプルサイト6 – Just another minimal-green のサイト site

コーポレートサイト向きの有料WordPressテーマ

CORPORATE

コーポレートサイト多言語対応WordPressテーマ | LIQUID PRESS

特徴

  • 100%GPL
  • 商用利用OK(1ライセンスで複数のサイト構築可)
  • CTAボタンや会社情報を簡単に設定可能
  • Bootstrap 4対応
  • プラグイン無しでSEO対策/ソーシャル連携対応
  • プラグイン無しで多言語化対応可
  • テーマ導入のサポート・マニュアルあり

Bootstrap 4 ベースのコーポレートサイトの構築に便利な機能が豊富なリキッドデザインさんの有料テーマです。ベースのLiquidは公式登録テーマですので安心して使えますね。Googlemapや会社の連絡先やお問い合わせボタンを見やすく目立つ位置に配置しているので、しっかりコンバージョン率アップを狙いたいビジネスサイト制作にピッタリです。コーディングせずに管理画面の設定だけであっという間にビジネスサイトが出来てしまいます。
非常に明快なカスタマイズ画面で設定も簡単です。カスタマイザーで背景画像や色の変更も出来ますし、子テーマでテーマファイルをいじってカスタマイズすれば幅広いデザインが可能です。
多言語化対応も簡単にできるのもビジネスサイト制作には嬉しいポイント。導入のサポート対応もあるのも安心ですね。

↓こちらの金沢ゲストハウスNANA様と金沢町家INNHANA様はどちらもこの「Corporate」テーマをベースに当方で制作させていただきました。
www.guesthouse-nana.net
hana-kanazawa.net
このように改造すればデモサイトとは全く違うデザインも作れます。

おすすめWordPressテーマシリーズ:
WordPressテーマSTORKのカスタマイズ例をご紹介 初心者さんにおすすめのテーマです 【100%GPL】 LIQUID PRESSのWordPressテーマはWEB制作者におすすめ 子テーマ・カスタマイズ例をご紹介