コーポレートサイトにおすすめのWordPressテーマ!!詳細はこちら▶▶

「SANGO Gutenberg」プラグインがリリース SANGOでの記事執筆がますます便利に

SANGO専用のGutenberg対応プラグイン「SANGO Gutenberg」がリリースされました。

「SANGO Gutenberg」 プラグインを使ってみた

早速プラグインをダウンロードして使ってみました。SANGO Ver1.6以上で対応しています。

SANGOでGutenberg(グーテンベルク)を始めよう

プラグインは↑のリンクからダウンロードできます。

私は前からGutenbergエディターを使っているので特に戸惑うことはなく使えました。Gutenbergエディターの画面で実際の投稿ページと同じデザインが表示されます。ブロックはエディターの⊕をクリックして「SANGOカスタムブロック」を追加します。

めちゃくちゃ使いやすくなりました!

タイトル付ボックス

タイトル付ボックス

水色のタイトル付きボックスが挿入できます。

SANGO見出し

「SANGO見出し」ブロックの追加で↑のようなGutenberg専用のオリジナルスタイルの見出しが挿入できます。見出しのデザインは右のブロックのオプションから変更できます。かなりバリエーション豊富です!

SANGOのGutenberg対応は今後も継続

これからもGutenberg対応の開発は続けられるそうで、さらに充実したオリジナルブロックが使えるようになると思います。


SANGOでは今後、Gutenbergで快適に執筆ができるように、アップデートを続けていく予定です。

https://saruwakakun.com/sango/gutenberg-introduction

SANGOの作者様の迅速な神対応に感謝です!

SANGOでGutenbergエディターを使用される方は「SANGO Gutenberg」 プラグインを是非導入してみて下さい。旧エディター(Classicエディター)ももちろん今までどおり使えます。

一度Gutenbergの快適さに慣れたらもう戻れないです。まだGutenbergエディターを試されていない方も食わず嫌いせず一度使ってみてください。

WordPress 5.0がリリース Gutenberg対応のおすすめテーマ Gutenbergエディターの使い方【GIF動画つき】 Snow Monkey BlocksをSANGOで使ってみた