コーポレートサイトのおすすめのWordPressテーマ!!詳細はこちら▶▶

WordPress 5.0がリリース Gutenberg対応のおすすめテーマ

2018/12/6ついにWordPress 5.0がリリースされました。
WordPress 5.0では新エディターGutenbergが標準エディターになるという大幅な変更があります。

まだGutenbergの準備が出来ていない、新しいエディターの使い方に不安がある場合は「Classic Editor」プラグイン
のインストール有効化をおすすめします。これで旧エディターが今までどおり使えます。

Classic Editorのサポートは2021年末まで-Capital P

但し旧エディターのサポートは2021年末までだそうなので、いずれどこかのタイミングで新エディターに切り替えることになると思います。

なるべく早く慣れておいた方が個人的にはおすすめです。

WordPress 5.0 へのメジャーアップデートについて

特に今のところWordPress 5.0 へアップデートしても大きな混乱は無いようですが、とりあえず様子見して5.0.1のマイナーアップデートまで待っても問題ないと思います。(4.9.8に重大な脆弱性が見つかれば話は別ですが)

WordPressのデフォルトでは、メジャーアップデートの自動更新は無効になっています。

急いでアップデートしなくても(おそらく)問題ないでしょう。(WordPressの脆弱性のニュースには気をつけて下さい。)

最新版メジャーアップデートは安全とは言い切れない問題がはらんでいる

https://blog.thingslabo.com/archives/wp-auto-updater.html

Gutenberg対応のテーマ

今のところ、Gutenbergに完璧に対応しているテーマはあまりないと思いますが、いくつか対応している有料テーマもあります。ここでご紹介するのは「テーマの機能をGutenbergで有効に活用できる」テーマです。

Sangoもver1.6からGutenbergに対応済みで導入しても問題ありません。このブログもSANGOでGutenbergエディターで書いています。

SANGOのテーマ更新情報

ただあくまでGutenbergエディターのスタイルが一部適用されている段階なので、2018/12現在ではまだSANGOは旧エディター推奨です。

SANGOで新エディター「Gutenberg」を使ってみた

(ロリポップのWAF有効環境化ではGutenbergに/* コメント */を書くと403エラーになる不具合があるようですが、SiteGuard WP Pluginの「WAFチューニングサポート」でシグネチャ追加で対応できました。)

【ロリポップ】WordPressのカスタマイザーで「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」が出たときの対処方法

Snow Monkey

Snow Monkeyは現在日本で一番Gutenbergに対応しているWordPressテーマではないでしょうか。

参考 100% GPL の有料 WordPress テーマ Snow Monkey の Gutenberg 対応状況(v4.2.6 現在)Snow Monkey

Snow Monkeyでは記事の表示とGutenbergエディター画面で見出しやリスト、画像など各要素のデザインが同じになるよう調整されています。他のテーマだと見出しのフォントが明朝体になっていたりします。

Gutenberg用の拡張プラグインを公式プラグインとしてリリース

作者のキタジマさんの開発されたSnow Monkey Blocks という、Gutenberg に便利なカスタムブロックを追加する Snow Monkey 用のプラグイン(アドオン)は現在公式プラグインとしてリリースされています。記事執筆に便利なカスタムブロックが使用できるようになります。

Snow Monkeyと併せて使うのがおすすめですが、その他のテーマでも使えます。(一部利用制限あり)

Snow Monkey Blocks とは

Snow Monkey BlocksをSANGOで使ってみた

LIQUID PRESS

LIQUID PRESSさんのテーマもGutenbergに対応しています。

LIQUID PRESS シリーズテーマでは、Gutenbergの検証を行っております。

Gutenbergの便利な使い方とテーマ対応状況- LIQUID PRESS

またLIQUID PRESSさんでは新サービスがリリースされました。「買い切り型」商品のご提供に加え、 「サブスクリプション(月額制)」プランが提供されています。

LIQUID PRESSサブスクリプションプランの特典
  • LIQUID PRESSのテーマ・プラグイン全商品使い放題
  • プロフェッショナルサポート
  • メンバー専用ページ
  • サービス開始キャンペーン-【限定】先着10名様に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント

LIQUID PRESSのサブスクリプションプランではテーマ・プラグインが使い放題、無期限サポート対応など充実した内容となっています。
2018年11月1日から12月31日まで先着10名のサブスクリプションプラン新規登録の方にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンがあるそうです。

WordPress 5.0 対応予定および新サービスのお知らせ- LIQUID PRESS 

LIQUID PRESS サブスクリプションプラン詳細

Cocoon

無料のWordPressテーマ「Cocoon」もGutenbergに対応しています。1.0.8からGutenbergエディターにテーマスタイルが反映されるようになっています。

参考 Cocoon 1.0.8公開。GutenbergにCSS適用。商品リンクに「キャッシュ削除」が表示されていた不具合修正。Cocoon

Nishiki

WordPress 公式テーマ Nishikiも1.0.6 からGutenbergに対応しています。

参考 WordPress 公式テーマ Nishiki のビジュアルエディターを Gutenberg に一部対応しましたサポトピア

以上Gutenberg対応のおすすめテーマをまとめてみました。ここで書いた内容はあくまで2018/12の段階でのものです。今後は対応するテーマも増えてくると思いますので、また情報を追記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください